FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『coucou!で就活』

アトリエ1 ~パッションを、そしてディナミックに!

2005年10月パリに来て以来ジュエリーのアトリエを探しに探した。半年後ついに見つけたアトリエが今私が働くアトリエ。

私は外国人だから多少無理そうでもしぶとくあきらめづに探し、時には押しが大切なのだと思っていた。でもそれは誰にでも言える事だったようだ。というのは私に限らずフランス人も仕事を探している。はじめは良く解っていなかったが私のアトリエ探しも典型的なフランス式仕事探しと同じだった。これをとりあえず「coucou」式と名付け紹介したい。coucouはククーと発音する。

まず最初に、ククー式の一例として私のアトリエ探しを参考までに記すことにする。
フランスに来てすぐの頃は、とにかく右も左もわからなかったものだ。フランスにおけるジュエリー業界の事はもちろん、制作に使う工具や材料を手にいれることさえ四苦八苦していた。知人という知人全て、そしてそのまた知人にと聞いて周り、手当たり次第に情報を集めた。
そのうち、ようやく一人のジュエラーらしきフランス人の連絡先を手にいれる。彼は大きなジュエリーメゾンを顧客にし、コレクション用の特別な一点を扱うアトリエの責任者だった。そんな事は知らずに出掛けて行って会った。親切に対応してくれたが、彼は私に興味がないようだったし、私としても当時はアトリエのために働く気はなく、自分のジュエリーをつくるためのアトリエを探していた。でも今では彼が私の師匠でボスだ。

さて何が起こったのか、ククー式とは。それは次の通り。

私としては、このアトリエに関してはここで引き下がりたかったのだが、私の旦那様のパトリックが許してくれなかった。何回でも行ってこいと言うのだ…それも初めてアトリエに見学へ行った時は一緒に付いて来てくれたのだけど次からは一人で。ちなみに私のフランス語はこの当時パン屋でサンドイッチを買うのがやっとのレベル。それでも半年探してやっと見つけた想像以上の大物なので逃がすなとのこと。今思うと、ここでフランス生活に不可欠な心意気というか神経の太さを学んだ。フランスではパッション "la passion "とかダイナミックとか言えるのかもしれない。

アトリエへ訪問するためにまるで舞台直前の役者みたく頭の中で言うべき台詞を暗唱した。”アトリエに迷惑なんじゃないか”とか”どうせ相手にされないのに”とか訪問しないですむための理由を上げ連ねもした。不安と緊張が押し寄せてしまい足はアトリエへ向かわず、こうなったら近くの公園で一休みして、落ち着いて、それから仕切り直して出掛けて行ってさあニコヤカに!「ククーっまた来たよー」。

そんなんで訪問すること何回目かのある日「アトリエで自分のジュエリーを作ってもいいよ」と言ってもらった。「しょうがないなあ」って。正直びっくりした。こんなことが有り得るのだなと。自分の限界は自分で作るとは良く聞くが全くその通りだ。実際、アトリエが私を迎え入れるとは全く信じてなくて、そのうち何か良い情報が得られるかもしれない程度の期待しかなかった。それでも他に打てる手は無かったし、パトリックのプレッシャーも無視出来なかったので勇気を振り絞って毎回訪問してた訳だ。ちなみに「いいよ」と言ってくれたのはアトリエのもう一人の責任者のジョワリエで最初にコンタクトを取った彼ではない。幾つものまた知人のさらまた知人が最後にイエスと言ってくれたのだ。世の中、何が起こるかわからない。

それから後1年半程たってアトリエのために働かないかと誘われ現在に至る。

そう、これがククー式。ククーッと言うのは友達感覚の軽い挨拶。知らない間に少しずつ打ち解けて友達感覚になり最後にはイイよと言ってもらう方式。人情に訴えると同時にモチベーションの高さを買われることでもある。パッションとダイナミックな行動力がキーとなる。

ジュリアのアップルパイ方式も紹介したい。
ジュリアはアトリエで働く事を一度断られたようだが、来るごとに毎回アップルパイを焼いて来た。アトリエは美味しいものを皆で食べたり飲んだりするのが好きでおやつの時間がたまにある。手作りの差し入れはポイントが高いし喜ばれる。そんなあからさまな作戦が通用するとは思わないのだがパイのお陰か最後には試しに働くことになった。ところでパイは彼女ではなく彼女の母親が焼いてくれていたらしい。正直言うと繰り返されるアップルパイ攻撃に私は少々辟易していたのだが食べないとしょうがない状況だった。何せ手作りだし。他にもフルーツはあるのだからバリエーション豊にやってくれればまだ良かったのに。でもそんなことは重要では無くてポイントはジュリアが仕事を獲得するかどうかで後方援護射撃して彼女にプッシュをかける人がいたのだ。そしてちなみに、働きだしてからはアップルパイ持参は無くなった。みごとに無くなった。もちろん他のフルーツパイもない。

ククー式をさらにバージョンアップさせたようなケースもある。
知り合いも紹介もないけど働きたい所へ毎日出掛けて行ってククー!最初に従業員と仲良くなって最後は責任者が折れた。半年毎日続けた成果だそうな。
他にも毎日電話して最後には仕事を得た話も聞いた。ちなみに彼は「仕事を紹介してやるから2度と電話してくれるな」と言われたらしい。電話でククー式だ。

日本でも仕事探しにツテを頼ることは良くある話だけれど私の場合日本ではここまでしなかった。ククー式でやればもっと巧くいったのか?何はともあれフランスではこうするしか手が無かった。仕事探しに限らず何事でも黙って待っていたのではフランス人でも後廻しにされて放ったらかしにされることが多い。仲間に入りたければ仲間でいなければならない。実力は必要だけれどまずはチャンスを得ないとはじまらない。

”情熱をもって、大胆にククーッ!ではじめろ”

プチフランス語講座:coucou![ククー](やあ!)
          bijoutière[ビジューティエ](宝石装身具の女性細工人)
          joailler[ジョワリエ](ジュエリー細工師、宝石商人)
          la passion[パッション](情熱)



■ Comment

非公開コメント

ニュース
①『パリビジューティエの12ヶ月』は引っ越ししました。新タイトル新住所は コチラ→→→→→→→→→→→→→→→
最新記事
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
プロフィール

belepi

Author:belepi

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。